「ほっ」と。キャンペーン

 ガチャ萬商會 gachamanshokai

gachaman.exblog.jp

カテゴリ:cinema ( 19 )

BRIDGET

c0107615_2135486.jpg

c0107615_21485110.jpg

c0107615_21494265.jpg


製作国:フランス、アメリカ
監督・脚本: アムス・コレック
キャスト:アンナ・トムソン


カンヌ国際映画祭をはじめヨーロッパで好評を博した
「ファストフード・ファストウーマン」のアモス・コレック監督と
女優アンナ・トムソンによるコンビ

どん底に落ちた女性があらゆる困難に立ち向かい
懸命に生き抜く姿を描く波瀾万丈のサクセス・ストーリー。

オードリヘップバーンを髣髴させる
お洒落なファッションと映像
頭の中をからっぽにしてみたい映画。

by meeky-58 | 2014-06-03 21:40 | cinema

Les Miserables

c0107615_1256145.jpg


観てきました・・
ミュージカル映画があまり得意でない私・・
納得の2時間半でした・・

by meeky-58 | 2013-01-13 12:54 | cinema

Kinky Boots


2005年にイギリスで公開されたコメディ映画
日本では2006年に公開
実在の紳士靴メーカー 「W.J. Brookes Ltd」 がモデル
撮影には紳士靴メーカー「トリッカーズ」の工場が使用

c0107615_8523576.jpg

真っ赤なブーツの話・・
もう、サンタの届けもののない私にだって
寒い夜更け きっとホットになれる・・


c0107615_8531410.jpg

c0107615_853353.jpg

story
チャーリー・プライスはイギリスの田舎町ノーザンプトンの
伝統ある紳士靴メーカー 『プライス社』 の跡取りだったが、
周囲の重圧に耐えかね、転勤を機にロンドンに移住することを計画していた。

しかしロンドンに到着したその日に父の訃報が届き、
『プライス社』 を継ぐことになってしまう。
しかも社の財政状況が火の車だということを知る。

社の存続のための奔走するが、
クビにした社員のローレンには「ニッチ市場を開拓しろ」と捨て台詞をはかれ、
婚約者のニックには「工場を売ってしまえ」と責められ、
やけ酒を食らった勢いでチンピラに絡まれている美女を助けようとすれば、
逆に美女に一発で叩きのめされてしまう。

しかし、その美女ローラが実はドラァグ・クイーンで、
足に合わない靴に悩まされていることを知ったチャーリーは、
そこにローレンの言うニッチ市場を見出す。

ローレンを顧問として再雇用し、『女物の紳士靴』 の開発に着手したチャーリーだが、
機能性を重視するあまりにオバサンくさいブーツに
仕立ててしまい、ローラを怒らせる。

ローラの意見を取り入れ、
『危険でセクシーな女物の紳士靴 (Kinky Boots)』 を
作り上げたチャーリーは、
ミラノの靴見本市に打って出る決意をする。




監督 ジュリアン・ジャロルド
脚本 ティム・ファース
ジェフ・ディーン
製作 ニック・バートン
ピーター・エテッドギー
スザンヌ・マッキー
出演者 ジョエル・エドガートン
キウェテル・イジョフォー
サラ=ジェーン・ボッツ


by Wikipedia
by meeky-58 | 2012-12-18 00:30 | cinema

Big Fish

c0107615_21372818.jpg


Story

身重の妻と暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。
彼の父エドワード・ブルームは
自らの人生を語り
聞く人を魅了する。

ウィル自身も子供の頃
父の奇想天外な話に夢中だった・・

年齢を重ねるにつれ、ホラ話であることに気づく
いつからか父の話を素直に聞けなくなっていく

結婚式に父が息子ウィルの生まれた日に
巨大な魚を釣った話で招待客を楽しませた時、
不満が爆発する。
ウィルは父に今夜の主役は自分であると訴え、
それ以来二人の不和が続く

ある日、
父が病で倒れたと知らせが入る
ウィルは実家へ
しかし、
病床で相変わらずな話を語り出す父と、
本当の父を知りたいと葛藤する息子は理解し合えぬまま

はたしてウィルはエドワードの話の中に、
父の真実の姿を見出すことができるのか。



Keyword
父と子の和解
誰も信じないホラ話


自らの命が消え去るとき
こんなふうに
息を引き取ることができたなら

人生
生きてきて何にも代えがたい
瞬間になるだろう・・と私は想う・・

最後の10分間に全てがある・・

by meeky-58 | 2012-08-09 08:00 | cinema

Harry and Tonto

c0107615_20412651.jpg

c0107615_20464728.jpg

1974年製作とあって
ポスター、フライアーのデザインがレトロでいかしてる

c0107615_2037189.jpg

Story


妻に先立たれた主人公72歳のハリー
3人の子供達も独立し
ニューヨーク、マンハッタンのアパートで
愛猫トントと暮らしていた。
しかし
区画整理の為に、慣れ親しんだアパートから
強制的に立ち退きを余儀なくされてしまう。

長男の家へ移り住むも
馴染むことができない。
結局、ハリーは、娘のシャーリーを尋ねる為
トントとともにシカゴへ向う。

トントとの旅のため、
飛行機にもバスにも乗ることが出来きない・・が

旅を続けるため中古車を買う。
大地の色に映える
鮮やかなスカイブルー


そして
様々な人と出会うことになる・・・


1974年製作 アメリカ映画
第47回アカデミー賞
主演男優賞を受賞=アート・カーニー(ハリー)

by meeky-58 | 2012-07-27 08:30 | cinema

Pina Bausch 踊り続ける命

Pina Bausch
http://pina.gaga.ne.jp/

c0107615_1236573.jpg
c0107615_1237847.jpg



ピナがやってきた!
観にいかなくては~❤

by meeky-58 | 2012-03-10 08:00 | cinema

僕の大事なコレクション

Everything is Illuminated Trailer
c0107615_18422331.jpg

c0107615_18483262.jpg


一生の旅時間を
zipの中に・・

by meeky-58 | 2012-02-22 08:00 | cinema

L'ILLUSIONINISTE

イリュージョニスト
c0107615_1914936.jpg




無声映画時代の喜劇を思わせる
フランスの監督 故ジャック・タチ
自分自身をモデルにした
50年代に書き残した脚本を
アニメ作家シルバン・ショメによって
アニメ作品として完成



そして
私はアリスとおそろい赤い靴

c0107615_199551.jpg

                         CAMPEL
by meeky-58 | 2012-01-12 09:00 | cinema

Life Is Beautiful

ライフ・イズ・ビューティフル
c0107615_18204764.jpg



story
第二次世界大戦前夜の1939年、
ユダヤ系イタリア人のグイドは、
叔父を頼りに友人とともに北イタリアの田舎町にやってきた。
陽気な性格の彼は、
小学校の教師ドーラと駆落ち同然で結婚して1児をもうける。
しかし戦時色は次第に濃くなり、
北イタリアに駐留してきたナチス・ドイツによって、
3人は強制収容所に送られてしまう。
母と引き離され不安がる息子に対し、グイドは嘘をつく。
「これはゲームなんだ。泣いたり
ママに会いたがったりしたら減点。
いい子にしていれば点数がもらえて、
1000点たまったら勝ち。勝ったら、
本物の戦車に乗っておうちに帰れるんだ」

by Wikipedia

私はこの映画で今までで一番なきました・・


ライフ・イズ・ビューティフル
La vita è bella
監督    ロベルト・ベニーニ
脚本    ヴィンチェンツォ・チェラーミ
      ロベルト・ベニーニ
製作     エルダ・フェッリ
      ジャンルイジ・ブラスキ
製作総指揮  マリオ・コトネ
出演者    ロベルト・ベニーニ
      ニコレッタ・ブラスキ
      ホルスト・ブッフホルツ
音楽     ニコラ・ピオヴァーニ

c0107615_18514027.jpg

Anne Frank Zentrum
c0107615_1852343.jpg

怒りともとれるpainting art
c0107615_18521280.jpg

At Berlin
by meeky-58 | 2011-10-25 18:28 | cinema

Zazie dans le métro

地下鉄のザジ
公式サイトhttp://www.zaziefilms.com/zazie/
c0107615_2039776.jpg



ZAzie dans le metro 1960 フランス
監督:ルイ・マル 原作:レーモン・クルー
出演:カトリーヌ・ドモンジョ、フィリップ・ノワレ、カルラ・マルリエ



とても、50年前の映画とは
思えないほど新鮮でスクリーンに
映される全てのものたちが
可愛くって、素敵で
路面バスやメトロも
この時代の行って乗りたくなるくらい・・

おてんばでおかっぱ頭のザジは
私たちが昔、着ていたトックリの赤いセーターに
細めのプリーツスカートをはいている・・

内容はなんだかハチャメチャで
意味不明だけど、観てるだけで楽しくなる・・
確かに日本の50年前もこんな感じだったな~~♪

by meeky-58 | 2011-08-10 21:00 | cinema